FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第80回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞受賞作品テレビ版「米国“闇”へ」

3月3日(月)NHK総合テレビ夜10時から
第80回アカデミー賞 長編ドキュメンタリー賞受賞作品テレビ版「米国“闇”へ」
という番組を見ました。


NHKの番組の紹介ではこの様に書かれていました。
民主主義は本当に人類共通の価値観となり得るのか、世界33か国の共同制作の米国編。民主主義の旗印の下、テロと闘う米国が容疑者を「拷問」した矛盾。アメリカ人のギブニー監督は、アフガニスタンで無実のタクシー運転手が拷問の末に死亡した事件を軸に、被害者、米軍の調査官、政策立案者へのインタビューを重ね、米国が抱え込んだジレンマを描いた。「民主主義の内部で、民主主義が脅かされる危険性」という疑問を提示する。


番組を見終わって
○イラクやアフガニスタンでテロリストを拘束し拷問にかけるアメリカの正義とは何か?
○水拷問など現代では考えられない拷問をするアメリカの人権とは何か?
○テロリストがテロを行い多数の犠牲が出るという理由付けで拷問してもいいのか?
○戦時にはアメリカ合衆国大統領が拷問とか何でも行える法律を作ってもいいのか?
○軍隊内で行われた拷問はチェイニーやラムズフェルドから指示され軍隊内の責任者を除くほんの一 握りの軍人が処分されて終わっていいのか?
○大体にしてテロリストって誰なんだ?アメリカが勝手に仕立てただけじゃないのか?
○この様なアメリカに日本が従属してていいのか?
○最近起こっている日本でのアメリカ軍人の違法行為は、こうした体質にあるんじゃないか?
○アメリカの最高裁判所が捕虜についてはジュネーブ条約に基づいて取り扱うと判決を下してもアメリ  カ政府は独自の取り扱い規則を定め、何でもありの状態にしたが、それがアメリカのいう正義か?
○イラク・アフガニスタンで捕まったテロリストと呼ばれる人たちの多くが死亡しているが、人権はある  のか?
  Etc・・・
多くの考えるべき課題を与えてもらった番組でした。



<参考>
アブグレイブ刑務所に関して公開されている写真


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

UNDER THE SUN

UNDER THE SUN
 Use OpenOffice.org

護憲派アマゾネス軍団

閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

eye sees truth

Author:eye sees truth
eye sees truthと言います。
Out Door Sportsが趣味です。
福祉関係の話題を中心にしています。
『日本の福祉を赤信号から青信号へ』を合言葉に!
みんなで気楽に落ち着いて日本の福祉を話たいと思います。
福祉(社会保障)の交流ブログです。
コメント・トラックバックは歓迎です

当ブログの姿勢
○憲法9条堅持 ○集団的自衛権の行使反対 ○憲法25条の完全実行 ○セーフティーネットの完全実施
QRコード
QRコード
FC2ランキングに参加してます

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
カテゴリ
最近のコメント
最新トラックバック
訪問してくれた人の数
本田ゆみさんを応援しよう
本田ゆみ 本田ゆみさんを応援したい方は、 http://park3.wakwak.com/~sdp.hokkaido/hondayumi.html
RSS
友達になってくれた人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TB
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TBリンク
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TBに参加しよう!
郵政民営化凍結TB
医療崩壊TB
SEO
フリーエリア
フリーエリア
位置情報
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。