FC2ブログ

自衛隊の対策は机上の空論 空論してんなら現実見ろ!

自衛隊が田母神問題で対策を出した

田母神氏問題で再発防止策、空将ら2人注意処分…防衛省
 防衛省は25日、田母神(たもがみ)俊雄・前航空幕僚長が昭和戦争などに関して政府見解に反する論文を発表した問題に関する調査結果と再発防止策を盛り込んだ報告書をまとめた。

 自衛隊員への教育について統一方針を策定し、教育内容が適切かをチェックしていく方針を打ち出した。

 報告書は、同日首相官邸で開かれた防衛省改革会議(座長・南直哉東京電力顧問)に提出された。

 報告書は田母神氏の問題について、「文民統制の面からも適切ではない重大な事案」と総括。田母神氏が統合幕僚学校長の時に創設した科目「歴史観・国家観」も、「講師の構成が全体としてバランスを欠いていた」と断じた。

 再発防止策は、〈1〉将官への昇任時などに文民統制の理解を深める研修を行う〈2〉科目「歴史観・国家観」を見直す〈3〉部外に意見を発表する際の届け出手続きを明確にする――を盛り込んだ。

 一方、防衛省は25日、田母神氏が応募した懸賞論文を全国の部隊に周知した西部航空方面隊司令官の小野田治空将(前航空幕僚監部人事教育部長)と空幕教育課長(1佐)をそれぞれ空幕長、人事教育部長による注意処分とした。

(2008年12月25日20時17分 読売新聞)


この対策を見て、はぁ。。と、ため息
具体的な対策じゃないよね。そう思う。
ましてや、部隊には大して関係ないような内容
関係あるとすれば、学校教育関係だけだと思う。
実際、隊員一人一人の意識改革までは、ならないだろう。
机上で考えると、この程度 


続いて、机上でたぶん、考え実行しようとしているのは

ソマリア沖の海賊対策、海自護衛艦の派遣検討を指示へ…首相
 麻生首相は25日、アフリカ・ソマリア沖の海賊対策に関し、自衛隊法の海上警備行動発令による海上自衛隊艦船派遣の検討作業を加速させる方針を固めた。

 26日にも浜田防衛相に指示する。政府は海賊対策のための新法制定も検討中だが、国際社会の求めに早期に応えるためにも、現行の自衛隊法活用を念頭に、政府・与党内の調整を急ぐ必要があると判断した。海自艦船を派遣する場合は、インド洋で給油活動中の護衛艦とは別に、改めて護衛艦を派遣する方向だ。

 これに関連し、首相は25日、首相官邸で記者団に、「ことは急いでいる。全体としては法改正を考えるべきだが、時間がかかる。取り急ぎということであれば海上警備行動で対応する」と語った。

 河村官房長官は25日の記者会見で、「現行法で対応する場合の問題点や、それを法律でどう担保するか検討する必要があり、与党の作業チームでも検討していただく」と述べ、今後の政府・与党の議論を見守る考えを示した。ただ、防衛省や公明党には根強い慎重論があり、調整が手間取る可能性がある。

 増田好平防衛次官は25日の記者会見で、「海上警備行動時の権限と、海賊対策での武器使用とには差があるように感じる」と指摘、他国の軍に比べ、武器使用権限が限定的であることへの懸念を示した。公明党幹部は「海上警備行動で、日本から遠く離れた場所に派遣していいのか、慎重に検討したい」と語った。

(2008年12月26日03時05分 読売新聞)


国際貢献だからOK?
石油を運ぶルートだから、国民生活に直結するからOK?
海上警備行動だからOK?
問題を孕んだ行動は、所詮、後の歴史では評価されない。
これもまた、机上の空論


こんな机上の空論を実行しているより、現実を見ろ
kimera25さんの記事にあったものだ

福祉の欠落が刑務所を特老にしている:是非お読みください!

**************************

夕刊を見て考えさせられた

ある程度年齢のいった方が

再犯で刑務所に戻ってくる場合が

極めて高いという。

確かに

中高年の再就職が厳しい今

彼らに職を探すのは

かなり厳しい。

読者の方に読んでいただいて

各自で考えていただければ

私としては

問題提起としてこのエントリィを

設けた。

**********************
http://www.asahi.com/national/update/0703/TKY200807030166.html?ref=any

刑務所、進む高齢化 居場所求め「出戻り」も

2008年7月3日17時9分

高齢者専用フロアがある尾道刑務支所。廊下の中央には手すりが設置されている=写真はいずれも広島県尾道市の尾道刑務支所、吉本美奈子撮影黙々と昼食を取る。白髪や丸まった背中の高齢受刑者たちが食堂に集まった。「彼らにとって最も重要な時間のひとつです」と刑務官昼食のカツ丼はトンカツが細かく刻まれ(手前中央)、青のり天ぷら(奥中央)も刻まれている。歯が悪い人のための「きざみ食」だビーズ通しの作業。作業時間は6時間で、通常より2時間短い作業場で飼っているカメ。受刑者の安らぎになっているようだ

 罪を犯し、全国の刑務所で過ごす受刑者たちの高齢化が、急速に進んでいる。

 一般刑法犯全体に占める60歳以上の割合は、30年前には3%だったが、06年には18%に増えた。再犯者のうち、65歳以上で初めて罪を犯した人の47%が1年以内に罪を繰り返している。さらに、10回以上の罪を重ねた「多数回再犯者」に占める60歳以上の割合は4割を超えた。

 無事に出所しても、間をおかず、再び罪を犯して刑務所に戻ってくる高齢の受刑者が多いのも現実だ。「身寄りも仕事もなく、刑務所が唯一の居場所。戻りたいがために、小さな盗みを繰り返す例もある」。法務省の担当者は話す。

 法務省は今年度中に、広島、高松、大分の三つの刑務所にバリアフリーの「高齢者専門棟」を初めてつくる。年齢や体調にあった環境づくりが主な目的だが、運営を効率化する狙いもある。(市川美亜子)

********************

<追加>紙面ではこの写真は以下の文章で使われている。

 老いゆく塀の中

 急激に進む受刑者の高齢化。刑務所の中で過ごす老いの日々は・・・。

全国で初めて高齢受刑者専用フロアを設けた尾道刑務支所(広島県尾道市)を訪

れた。317人の受刑者のうち、日常生活に配慮を要する高齢受刑者が77人と約4

分の1を占める。平均年齢は71.4歳で、最高齢は89歳だ。

 部屋の前に長い手すりが設置されている高齢者専用フロア。階段を上がり下がり

しないでいいように、作業場は別棟の同じ階にある。作業着に着替える場所には、

名前も書かれている。通常は番号だけだが、ここでは物忘れが激しい人が多いため

だ。作業はビーズ通しなど体力的にきつくなく、指先を使うものが中心になる。入浴

時は浴室の入り口に看守がスロープを設置して段差をなくし、浴槽にも数カ所手すり

がついている。

 8割の受刑者は薬を服用しており、健康面は切実な問題だ。食事は細かく刻んだ

「きざみ食」や減塩食もあり、特別食の表示は部屋のドアに張り出されている。今

春、糖尿病からくる目の病気で2度手術した受刑者には、刑務官が6日間付き添っ

た。「数人が同時に病気になったら、現在の職員数では対応も難しい」と看守長の

小川知彦さんは話す。

 運動の時間は雨のため屋内になった。卓球や将棋、カラオケを楽しむ人もいた

が、一番多いのはイスに座ったままの人たちだった。

      (上記の写真・この文 吉本美奈子)
※ 読みにくいため一行あけました。

**********************

社会復帰のためのものを

何とかしなければならないのだろう。

刑務所である程度作業をしながら

手に技術を持っているはずである。

職業訓練の問題も含め

雇用の問題を何とかしなければ。

かつて保護司のような方が

職の紹介も好意でやってくれていたが

現在ではアパートを借りることさえできない。

住み込みもままならない。

安い外国人で単純労働がしめられている。

********************::

派遣の問題も大きい



この問題も大きい問題である。

さて

これもいやな話題である。

プロの仕事をきちんとやってもらいたいものだ。

棒で叩くとは・・・・・

***********************
http://www.asahi.com/national/update/0703/OSK200807030064.html

介護施設、傷害容疑で捜索 広島・86歳入所者を虐待か

2008年7月3日17時22分

 介護が必要な高齢女性にけがを負わせた疑いが強まったとして、広島県警は3日午前、広島市中区加古町の介護老人保健施設「平和の里」を傷害容疑で家宅捜索を始めた。県警は、施設の幹部らから事情を聴く方針。

 関係者によると、6月20日ごろ、施設に入っていた広島市の女性(86)の頭から胸にかけて棒でたたかれたようなあとがあることに家族が気づいた。女性は「棒で殴られた」と話し、家族が同23日に警察に被害届を出した。

 この女性は両目とも見えないため、誰に暴力を受けたのかはわからないという。女性は4月から入所。4人部屋に入り、食事と風呂以外はほとんどベッドの上で過ごしていたという。

 家族が女性のあざなどについて施設側に説明を求めたところ、施設側は「ベッドから落ちたのではないか」などと話し、虐待などを否定したという。家族は女性を別の施設に移したが、その後、体調を崩し入院している。同施設は98年に開所され、定員は95人。医療法人社団桃季会が運営し、同じ敷地内に診療所も併設している。

**************************

いい話がないものでしょうか?

では

おつきあいいただき

ありがとうございました。


スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

派遣社員切り・・・元をただせば誰のせい?

わずか1年足らずで、この有り様なんですけど・・。 巨大企業がこれじゃ~ 私たち国民も、明日はどうなっていることやら・・。     ...

コメントの投稿

非公開コメント

UNDER THE SUN

UNDER THE SUN
 Use OpenOffice.org

護憲派アマゾネス軍団

閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

eye sees truth

Author:eye sees truth
eye sees truthと言います。
Out Door Sportsが趣味です。
福祉関係の話題を中心にしています。
『日本の福祉を赤信号から青信号へ』を合言葉に!
みんなで気楽に落ち着いて日本の福祉を話たいと思います。
福祉(社会保障)の交流ブログです。
コメント・トラックバックは歓迎です

当ブログの姿勢
○憲法9条堅持 ○集団的自衛権の行使反対 ○憲法25条の完全実行 ○セーフティーネットの完全実施
QRコード
QRコード
FC2ランキングに参加してます

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
カテゴリ
最近のコメント
最新トラックバック
訪問してくれた人の数
本田ゆみさんを応援しよう
本田ゆみ 本田ゆみさんを応援したい方は、 http://park3.wakwak.com/~sdp.hokkaido/hondayumi.html
RSS
友達になってくれた人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TB
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TBリンク
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TBに参加しよう!
郵政民営化凍結TB
医療崩壊TB
SEO
フリーエリア
フリーエリア
位置情報
ブログ内検索