FC2ブログ

祭最中

「こんな社会で暮らしてみたい活動」を当ブログは実施中です。
いのちを大切にする
人を大切にする
そんな優しく思いやりのある社会が良いと
大きな事で言いたい!
そして
これからも言い続けて行きます。



ブログランキングに参加してます。


人気ブログランキングへ


祭前夜に続くエントリー
まず、祭前夜の内容をあらためて書きます。
定額給付金も給付されている自治体がある。権力者によるバラマキが進んでいる。穿った見方をすれば、民主党党首の検察による捜査、少し前までは、社民党辻本議員の事務所費による議員辞職は、権力者による権力の行使、我々を脅かす者は潰すという手法の様に見える。現在、高・大学生の内定取り消しは1万人を越えた。失業者も190万人の見通しである。高速道路1000円乗り放題などに踊らされ、祭の後に何が残るのだろうか?

年金・社会保障・天下りなど解決されているものは、ほとんど無い。
健康な人達が就職できずにいるとき、障害を抱えた人達はそれ以上に厳しい現実と向き合っているんだろうと思ってしまう。

祭の後、どうなるのか見て行く。


上記の様に4月1日に書きました。
今は、祭最中である。

新型インフルエンザの情報が多く、
選挙対策用のバラマキ予算とか
失業者が190万人を越えているとかの情報が隠されてしまった。
派遣村も過去になりつつある。

政府与党は
民主党批判を繰り返し
定額給付金
エコ家電補助
エコカー補助
太陽光発電補助などお金を使わせる事に精を出している。
確かに、介護報酬3%UPとかあるけど、小手先であまり効果は期待出来ない。
これだけ、お金を使わせる政策をしたぞーと経団連に挨拶したそうである。
やっぱり、経済優先の政策

こんな経済優先の政策をしているところに、
政府与党も予想しなかった新型インフルエンザ
厚生労働省が対応の見直しをした。
軽傷の患者は自宅待機
疑問???
(ブログ主作成)
Q:軽傷って誰が判断するの
A:診療した医師だろうと考える。

Q:例えば、熱が38℃あっても軽傷
A:診療した医師が判断でしょうね。たぶん

Q:軽傷と判断された患者が自宅療養した場合、通院はどうするの
A:家族が連れていくんでしょうね。家族がいない場合は自力でしょう。たぶん

Q:軽傷と判断された患者がインフルエンザの特性上、子どもの場合、急に重篤化
  する事があるが、その場合どうするの?
A:急に重篤化した場合、家族が病院に連れていくか、救急車での搬送でしょう。
  しかし、発熱外来は都市部に集中し、それ以外は地域によって異なるが搬送
  に1時間以上掛かるそうである。

ん~~
頭の悪いブログ主が少し考えただけでも、この様な疑問があるのに、
経済の状況が悪くなるからと言って、簡単に対応を通常のインフルエンザ並に
していいのだろうか?

そして
ここでもう一つ言いたいのは、
政府与党が経団連に褒められる経済政策をしたのに、
新型インフルエンザで経済効果が無くなってしまうと、
選挙にひびく。また、家族を壊した政策を今までやって来て、
新型インフルエンザの軽傷患者を家族に押しつけ、
経済優先にさせようと見えるのだが間違っているだろうか?

今までの政府与党の政策全般を見ると、
都合の悪いところは、地方自治体や家庭に押しつけるやり口は、
人の命を大切にしようとは、見えない。

何でもかんでも経済優先、人の命は二の次
そんな社会は冷たいと感じる。
もっと暖かみのある社会で暮らしたい。
 
ブログランキングに参加してます。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ


当ブログは応援します!
本田ゆみ(北海道2区・比例区の社民党公認予定候補)
宮崎自殺防止センターを全国に作ろう
聴覚障害で頑張っている岡田絵里香さんを応援しよう!
頑張れ「もやい」

当ブログは、トラックバックPeopleに参加してます。
ワーキングプア
反貧困
郵政民営化凍結
医療崩壊
日本の福祉制度と北欧の福祉制度



スポンサーサイト



福祉の視点から見る日本

「こんな社会で暮らしてみたい活動」を当ブログは実施中です。
いのちを大切にする
人を大切にする
そんな優しく思いやりのある社会が良いと
大きな事で言いたい!
そして
これからも言い続けて行きます。



ブログランキングに参加してます。


人気ブログランキングへ

麻生首相の年頭の会見は「安心 活力」、確か12月24日の会見では、政局」より「景気対策」と言っていたはずだが・・・
いつの間に景気から安心 活力に、すり替わったのだろうか?
ブレブレじゃんって思ってしまう。
信念ってものが無い感じ。。。

福祉の視点から
政策を考えてみよう!
その為には、福祉の変遷が必要である。
簡単に変遷を書きます。

慈善事業(~明治時代)
  ↓
感化救済事業(~大正時代)
  ↓
社会事業(昭和初期)
  ↓
厚生事業(戦中)
  ↓
社会事業(戦後)
  ↓
社会福祉事業(現在)
この様な流れになります。
*一つ一つ説明すると長くなりますので、流れをイメージして貰えるとありがたいです。

で!
定額給付金や後期高齢者医療制度が、どの時代に近いのかを
当てはめますと、
慈善事業(~明治時代)
  ↓
感化救済事業(~大正時代)
  ↓
社会事業(昭和初期) ← 定額給付金の考え方が近い時代
  ↓
厚生事業(戦中)
  ↓
社会事業(戦後) ← 後期高齢者医療制度の考え方が近い時代
  ↓
社会福祉事業(現在)

この様に考えられます。
要するに、
定額給付金の考え方が近い時代は、昭和30年代にニューヨークでの株暴落から
不況になりました。このとき、生活保護の前身である救護法が制定され、実施まで3年掛かり
ました。何故?実施まで3年間掛かったのか?と言えば、時の浜口内閣が政策を怠ったから
である。公明党は明らかに定額給付金は景気対策では無いと言っている。では、定額給付金
とは何か?それは、慈恵である。昭和初期の考え方と同じと言える。
ちなみに慈恵とは、「慈しみの心で他に恵むこと」と辞書にある。

では後期高齢者医療制度は、どうであろうか?
戦後の社会事業は、焼け野原で何も無い時代である。
そんな時代に救済が必要な人は、子供、浮浪者、身体が不自由な人であり、
児童福祉法、生活保護法、身体障害者福祉法がまず制定された。
少し考え方を変えて見ると、その時代に国として必要な法律を作るのが急務
だとした場合、後期高齢者医療制度も少子高齢化に対応した戦後の法律制定
とほぼ同じだと言える。

こうして見ると、政府のやっている政策は、時代遅れと言わざるを得ない。
現代の社会福祉は、
まず、ノーマライゼーションやソーシャルインクルージョンを強力に推進し、
次に、どんな人でも社会に参加出来る事が必要である。
この時、大切なのは、「してやる」「やってあげる」ではダメなのであり、まず
どんな人(障害を持っていても持ってなくても)でも、自分の意思で決められ、
行動できる環境が必要であり、その間にも、障害を持って社会に参加出来ない人
には、エンパワーメントを引き出す事が大切である。
今の政府のやり方を見ていると、お仕着せのやってあげるよという、考えが
あるよように思うし、自民党議員の中に自助、公助、共助なんて言葉を出して
いる人がいるが、その本質を知っているのだろうかと考えてしまう。
時代が変わっても福祉(社会保障など)の考え方は、今のままでは、
言葉だけが先行して実態の無いものになっていると考えられる。

国民の階層化が進んでいるのも注目するところだと思う。
説明のため簡単に分ければこうなる。

豊かな人
生活するだけで一杯一杯の人
明日、食べるものさえない人

簡単に分ければこうなるかなと思います。
豊かな人は、もっと豊かにするためにお金儲けに精を出します。(アメリカ型)
生活するだけで一杯一杯の人は、政府によって生かさず殺さずに税金を徴収する
ほとんどの国民
明日、食べるものさえない人は、ホームレスやワーキングプアの人達であり、生活するだけで
一杯一杯の人達から落ちて来た人である。
結局、
生活するだけで一杯一杯の人が少なくなれば、明日食べるものさえも無い人が増え、
豊かな人はより豊かになり、このポジションは変わらない。
よって、豊かな人と明日、食べるものさえない人の2極化が今後、進んでいくものと思う。

これらから分かる事は、
セーフティーネットが進まないのは、現在の政府が、豊かな人に目を向け、
明日食べるものさえも無い人に目を向けて無いのが理解出来る。
そもそも、今日の書き初めは「安心 活力」 麻生首相、年頭会見の全文では、セーフティーネットなどの話が無いのが
考えて無い証拠だ。

それと、私は北欧型の福祉に肯定的なのだけれども、
自民党議員さんは、口を開けば、高福祉をするには、高負担が必要だ。とか
福祉国家は共産主義や社会主義で言論や職業選択の自由が無いなどと、
根拠もなしに国民を脅している。
また、
北欧の福祉の情報が日本においては少ないのが、理解が進まない原因だと
思う。
高負担って言うけど、医療費や大学卒業までの学費が無料だということのみを
考えても、現在国民が負担しているお金とさほど変わらないと考える。

ここで北欧の福祉をPRするためYOUTUBEを貼ります。
見て欲しいと思います。


続き



続き



[「国民の幸福度」ランキング ベスト20]も掲載して置きます。
2006年 ユネスコから
1位 デンマーク
2位 スイス連邦
3位 オーストリア共和国
4位 アイスランド共和国
5位 バハマ国
6位 フィンランド共和国
7位 スウェーデン王国
8位 ブータン王国
9位 ブルネイ・ダルサラーム国
10位 カナダ
11位 アイルランド
12位 ルクセンブルク大公国
13位 コスタリカ共和国
14位 マルタ共和国
15位 オランダ王国
16位 アンティグア・バーブーダ
17位 マレーシア
18位 ニュージーランド
19位 ノルウェー王国
20位 セーシェル共和国
     ・
     ・
     ・
23位 アメリカ合衆国
35位 ドイツ連邦共和国
41位 英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)
62位 フランス共和国
82位 中華人民共和国
90位 日本
125位 インド
167位 ロシア連邦

日本がいかに低いか分かるかと、思います。
そして
学力No1はノルウェーである。


話は変わってしまいますが、
今日の麻生首相の会見では、偉そうに解散総選挙は自分で決めると言っていた。
それは、いいんだけども・・・
解散総選挙まで、今よりも支持率を上げて欲しいと思う。
何故か?
今のままじゃ、
こんなこと言っている人や
渡辺元行革相、自民離党の意向=早期解散、給付金撤回なければ
こんなこと言ってる人もいるんじゃ
政権批判強める自民・中川秀氏=消費税争点化に反発
自民党議員さん達は、どうせ今のままじゃ落選するんだったら選挙を一生懸命やらない方がいい
なんて人も出かねないじゃない。
それよりも、支持率が上がり、それに麻生首相がこの時とばかりに食いついて、
解散総選挙になり、自民党議員さんたちもやる気を出してもらった方がいいかななんて
考えてます。
今年の9月まで引き延ばされるよりも、マシかな。
<参考>
ニコ動ユーザーの麻生内閣支持率は33%
リアルやネットからも見放されている麻生首相は、やっぱ終わってるでしょ。。。

忘れてならないのは、派遣村
そう言えば・・・昨日、麻生首相は、
「派遣村」対応、万全に 首相、官房長官に指示って言ったけど・・・どうなったんだろう?
今日の会見では、話無かったし???

年越し派遣村のHPを見て見ると

19時前より行われていた、派遣村実行委員会よりの厚生労働省への要望行動において、当面の間、厚生労働省と東京都とで500名の住と食を保障する、との回答が得られました!

これも、入村者やボランティアスタッフのみなさん、ご支援ご声援をくださったみなさんの声の力です。ありがとうございます。



この結果を受けて、21時から緊急村民集会が開催されました。

以下の4つの施設にて、合わせて500名分の住と食(弁当)を、1月5日から12日まで一週間、提供されることになりました。

中央区京華スクエア体育館
中央区十思スクエア体育館
東京都石神井学園用体育館
山谷地域越年越冬対策宿泊援護事業なぎさ寮
また、労働相談・生活相談・貸付相談について、各施設ごとに窓口を提供するそうです。雇用紹介については現在ある求人を精査して提供し、生活保護についても関係自治体への情報提供をすみやかに行うとのことです。

一週間という制限がありますが、この期限が到来してもなおその後が決まらない場合であっても、追い出すことはしない、という方針も伝えられました。

これらの報告の後、湯浅誠村長からは「これからは、職を見つける人、生活保護を申請する人、みなさんそれぞれがひとりひとりの闘いをしていかねばなりません。ひどい仕事かどうかをできるだけ検討してください。そしてもちろん、根本的には、労働者をモノとして切り捨てる今の世の中のあり方を変えていくしかありません。今日このような回答が得られたことは、みなさんのご協力だけでなく、みなさんの存在じたいが世の中を動かしたことでもあります。私たちもこれから、今日の回答が守られるのかどうかをチェックし、みなさんといっしょにこの世の中を変えていければよいと思います。」とのアピールがありました。

明日は朝9時半より、「大移動式」を開催します。
なおその関係で、明日の朝食は1時間早まり、朝8時からの提供となります。

2009年1月 4日(日) 20:35 JST

これが書かれていたので、取りあえず安心しました。
明日、野党4党が緊急法案を提出するので、注意して見ていきたい。

最後に
こんな国民が困って居るときに、麻生首相は集団的自衛権の行使をするため、
憲法解釈を変更するなんて、言うか~
国民感覚とまったく、ずれてんだよー




ブログランキングに参加してます。


にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ


当ブログは応援します!
本田ゆみ(北海道2区・比例区の社民党公認予定候補)
宮崎自殺防止センターを全国に作ろう
聴覚障害で頑張っている岡田絵里香さんを応援しよう!
頑張れ「もやい」

当ブログは、トラックバックPeopleに参加してます。
ワーキングプア
反貧困
郵政民営化凍結
医療崩壊
日本の福祉制度と北欧の福祉制度



余計なお世話だけど『大体にして麻生首相は年末年始、勉強しろよ!』の提言

重要課題推進枠っていうのを今回、設けて
首相のリーダーシップを強調するつもりだろうけど・・・

こんな配分で社会保障が良くなるだろうか?
重要課題推進枠、社会保障に775億円 来年度予算案

後期高齢者医療制度や年問題を解決せずに、
だけを配分するには疑問が残る。
特に社会保障の分野はものが同時に配分されなければ
効果は期待できない。
ましてや、地方自治体にほぼ、丸投げしている社会福祉の計画に
ものが配分されずに、二重行政ともなっている。

また
国は社会保障の将来のビジョンを示さずに、安易に消費税を上げ
場当たり的な政策に終始している。
先の消費税でも社会保障に当てると良いながら、そうなっているだろうか?
今回の消費税も社会保障に当てると言っているが、本当なのか?

国は、社会保障や社会保障に使うと言っている、将来ビジョンを国民に示し
その信を問うのが、筋道であろう。

麻生首相は、こんなところで、油を売ってないで、自ら学ぶべきだ。
もちろん、年末年始は官邸にこもり、社会保障を勉強して欲しい。
「本物の方がいい」麻生首相、自身の写真に辛口採点?


見えて来たこと・・・人を人だと思ってないこと 見えてないこと・・・・

見えてきたこと

当ブログでも書きましたが、人間が何故?こんなに粗末に
されるのだろうか?
これが、政府のやって来た政策である。

「派遣切りをした企業の商品を買わないようにしよう」の提言

後期高齢者医療制度に拘る訳は何?

後期高齢者医療制度は障害者自立支援法に次ぐ悪法!

介護保険制度は果たして介護の社会化をしているのだろうか?

人間は使い捨てか?

国家による合法的いじめ・首切り~4月1日から始まるメタボリック診断~

障害者自立支援法って何?

障害者自立支援法って何?②


政府のやって来た政策は、人を人とも思っていない政策
雇用が危ないとなると、その場対策
そして、企業の業績が上がり景気が良くなると雇用は増えるという
未だに、古い考えのままだ。

ここで言いたい
私の姿勢は、景気が良くなるだろうが悪くなるだろうが
どうであれ、まず、人を大切にすることだ。
具体的には、失職しても安心でるようなセーフティーネットが必要だ。
欧州では、失職しても日本の様な社会不安はほとんど起こらない。
これが社会主義といえば(自民党議員は言っていたが)、
イギリスも社会主義なのか?



見えてないこと
時事通信社の調べで、内閣支持率がまた、低下
時事世論調査・内閣支持率・政党支持率(12月19日更新)

08'12.19内閣支持率
08'12.19内閣支持率2

いつ解散するのか?
見えてこない。
麻生首相は「アッソ」って言っているような気がする。(思い過ごしだろうか)
来年9月の任期満了までしがみつく戦略のように思える。






介護難民

介護難民と言う言葉は、もう聞き慣れた言葉
介護を受けれる人と受けれない人が日本社会にはいます。
YOUTUBEで介護難民の動画を見つけたので、興味がある人は見て欲しいと思います。

介護難民1



介護難民2



ところで
「日本を明るく強い国にする」 麻生首相は言ったそうですが介護難民を抱えて、
具体的に、どこを明るくするのか見えて来ない





国民の虐殺を止められるか?

政治ブログじゃないんだけど・・・
少しだけ政治の話をします。

介護保険法、障害者自立支援法、後期高齢者(長寿)医療制度にみんなが反対の声を上げるには理由があると思います。
むやみやたらに反対している訳じゃないと思う。
これらの問題点の根っこは、私が思うに・・・財政の不足があると思います。
それを持続可能な制度にする等、きれい事を言うからダメなんだと思う。
政府与党は、国民に向かって国の財政がいきずまり国が財政再建団体になりそうだから、どうか保険料を上げさせて下さい。と土下座してでも頼め無いのかと思う。
国民も首相が土下座をしたんだから仕方ないか。位の気持ちになるんじゃないかと思う。
それをしないで、政府与党は当然の様に強行採決をする事に憤りを感じている人が多いのだと思います。
それに付け加え、道路なんかも何やかんやと理由を付けて強行採決する政府与党・・・あきれる。
多分、この次に来るのが消費税上げをしたいけど、それでは国民が納得しないから洞爺湖サミットを控え一家族に環境税なるものが付加されるんじゃないかと思う。環境税という名前になるのかどうか分からないけど・・・
これで人間が生きて行く上で、二酸化炭素まで税金を掛けるんだから、税金がかかって無いものが無いと思う。税金が掛かって無い物があったら教えて下さい。

テレビで見たけど野党(共産党除く)も河野衆議院議長を本会議に出席させないで閉じ込める行動をし、衆議院本会議を欠席・・・
子供じゃないんだから・・・お粗末
民主党はこれしかやれない。と言っていたが本当だろうか?
○介護保険法や障害者自立支援法、年金を改正してお年寄りや障害を持つ人たちのためになる制  度にする。
○後期高齢者(長寿)医療制度や道路暫定税率を廃止したい。
そう思うのであれば、
野党は議員を辞職する(一斉に辞職を出し国民に判断して貰う。)くらいの気概が欲しいと思うし、その様に行動して欲しい。今の国会の閉塞状況を考えたら、その方がましだと思うし、国民生活重視を唱うのであれば、それ位の覚悟は必要だと思う。

いずれにしろ、
政府与党は国民に土下座してお願いする根性は無いし、野党は議員を辞職する位の覚悟が無いんじゃ・・・今の閉塞状況は打ち破れないと思う。

政府与党や野党が国会がドンパチするのは良いけど、そのつけが国民に来ているのも確か。
報道では、食品は値上がりするは、ガソリンも値上がり、硫化水素での自殺(年間3万人の自殺者)、当たるところが無いんで花壇に当たって花を摘む人、白鳥や黒鳥を撲殺するなど、ストレスのはけ口が無い人が多い様に思える。そんな社会は哀しい・・・

持てる人と持たざる人との格差が広がり、都道府県によっても格差は広がっている。
市場経済を引き戻す事は出来ないけれども、少なくとも市場経済から脱落した人たちを救済する制度は必要だと思う。セーフティネットさえ今は、まともに機能せず、持たざる人たちが行き場を失っているのが現実だと思う。
このまま進めば、日本社会は、どうなっていくのだろうと考える。





高齢者用遊具、公園デビュー 散歩途中気軽に健康維持 仙台



2008年4月3日(木)15:00




 仙台市内の公園で高齢者向けの健康遊具が数多く設置されている。背中のつぼを刺激するベンチや、歩きながらバランス感覚を養う平行棒など、手軽に健康維持が図れるよう工夫している。ユニークな形状の遊具が多いため、設置主体の各区役所は使い方を書いた説明板を立てたほか、今月以降、地元住民向けの説明会を開き、有効活用を図ってもらう考えだ。

 仙台市高齢企画課と公園課が連携する「高齢者等健康づくり遊具設置事業」の一環。お年寄りに気軽に外に出てもらおうと約5000万円を予算化し、先月、市内19カ所で計79台を据え付けた。地元で健康づくりの市民活動が盛んな地域や高齢者施設が近くにある公園を選んだ。

 青葉区の国見ケ丘2号緑地には、ゴム製の突起物の上を歩くことで足裏を刺激する「足ツボウオーク」、バーをつかんで左右にジャンプする「ワクワクステップ」、あおむけになって上半身を上下に動かす「腹筋ベンチ」など5台を設置した。

 宮城総合支所公園課が「緑地周辺では散歩を楽しむ人が多い。歩く途中で気軽に使ってほしい」と呼び掛ける。
 新遊具を試した無職の宇都宮史朗さん(72)は「適度な負荷が掛かり、われわれの年代にちょうどいい。健康維持のため、ぜひ活用したい」と話す。

 若林区では新寺5丁目、牛踏(大和町)の両公園に、足を乗せる円盤が回転し、体をひねる「ツイストボード」、短い階段を上り下りする「ユッタリステップ」など6台ずつを据え、詳しい使用法や効用を説明する看板を付けた。

 都市公園法に基づいて市内に設置されている公園は1524カ所で、遊具は約4400台。市は老朽化した子ども向けの遊具を更新する一方、高齢化が進む社会状況に対応し、本年度も健康遊具の導入を進める。

 各区役所が開く説明会は、介護予防の自主活動グループなどが対象で利用促進を働き掛ける。


介護予防で公園か???



治療ミスで子に障害&ホスピスボランティア養成講座


<損賠訴訟>医療法人を提訴 「治療ミスで子に障害」--鶴岡 /山形
2008年3月18日(火)13:00

 鶴岡市の産婦人科医院「すこやかレディースクリニック」で生まれた男児が、担当医のミスで重度の脳性まひになったとして、男児と両親が同医院を経営する医療法人レスポアール(鶴岡市)を相手取り、約1億4000万円の損害賠償を求める訴訟を山形地裁に起こした。

 訴状によると、母親は06年2月、陣痛が始まり同病院に到着したが、胎児は仮死状態で発見され、羊水の中に排出した胎便を気道まで吸い込んでいた。母親が男児を出産後、病院は羊水を吸引したが、気道の奥までは吸引しなかった。その結果、男児は約40分間、低酸素状態が続き、低酸素脳症により重度の脳性まひなどを負った。

 原告側は「担当医師が適切な治療をしていれば、脳性まひにはならなかった」と主張している。病院側は「病院に運ばれた時には、男児はすでに仮死状態で手遅れだった。適切に処置してきた。訴状をよく見て検討したい」とコメントしている



<外旭川病院>ホスピスボランティア養成講座、参加者を募集--秋田 /秋田
2008年3月19日(水)13:00

 秋田市外旭川の外旭川病院(穂積恒院長)は、緩和ケア病棟(ホスピス)で患者と家族を支えるボランティアの養成講座を3月29日からスタートする予定で、参加者を募集している。対象は20歳以上で30人程度。ボランティアになることを希望しない人でも受講できる。受講料は無料で、参加申し込みは21日締め切り。

 会場は県生涯学習センター分館ジョイナスで、29日午後1時半「ホスピスの目的と役割」▽同3時10分「患者さんの体と心」▽4月12日午後1時半「ホスピスにおけるコミュニケーション」▽同3時10分「家族ケア」▽19日午後1時半「ホスピスボランティアに求められるもの」――の計5回(各回1時間半)。19日の講座終了後、同3時10分から質疑応答とボランティアの申し込み手続きがある。5回のうち3回以上受講するのが申し込みの条件。

 養成講座の参加申し込みは、往復はがきに氏名(ふりがな)▽年齢▽職業▽郵便番号・住所▽電話やファクスの番号――を書き、21日必着で〒010―0802 秋田市外旭川三後田142 外旭川病院 戸島真清さんあてへ。問い合わせは電話018・868・5511同病院(寺永さんか戸島さん)。




今、地域の病院では様々な要因から医療ミスがある反面、命の大切さや生きること死ぬことの教育を行おうとしている。


貧しさの質が昔とは違うんじゃないか?

『日本の福祉制度と北欧の福祉制度』へのトラックバックをお願いします。

右サイドにトラックバックのこれがあります。→トラックバックPEOPLEタグ




少し前までは豊かな国 日本と言われていた。
確かに周りを見ると以前、聞いていたよりも豊かになったの
だろう。

昔の貧しさは、食べ物が無い学校に行けないなどの経済的
な貧しさが多かったと思うが何とか頑張れば、貧しさから脱出
することが出来たのではないか。

現代の貧しさは豊かさの上に築き上げられたものだと思う。
貧しさは経済的貧困を含め心の貧しさも伴っているんであろう。
自分だけが良ければ良いという人と人との結びつきが希薄な
現実
「隣の人は誰か分からない」
無関心さが、更に助長しているかのようである。

OECDの調査によれば日本の貧困率は第2位である。
順位を掲載する。

***************************************************

相対的貧困率ランキング
順位   国 名      相対的貧困率
〈1〉  アメリカ     13.7
〈2〉  日  本     13.5
〈3〉  アイルランド   11.9
〈4〉  イタリア     11.5
〈5〉  カナダ      10.3
〈6〉  ポルトガル    9.6
〈7〉  ニュージーランド 9.5
〈8〉  イギリス     8.7
〈9〉  オーストラリア  8.6
〈10〉 ドイツ      8.0
〈11〉 フィンランド   6.4
〈12〉 ノルウェー    6.0
〈12〉 フランス     6.0
〈14〉 オランダ     5.9
〈15〉 スウェーデン   5.1
〈16〉 デンマーク    5.0
〈17〉 チェコ      3.8
※OECDが調査できた17か国の統計をもとに集計。2000年。対象は18~65歳。単位・%
<2006年7月21日読売新聞から抜粋>
***************************************************


正社員と非正社員の格差が広がっていることも意味します。
持てるものと持たざるものが明確になってきている現実

日本の生活保護、医療、年金などのセーフティネットが機能しない昨今
持たざるものは、どのように生きたら良いのかを問われていると思います。

NHK番組「作家・雨宮処凛と考える 就職氷河期世代のうつ」を観て

2007年12月10日にNHK福祉ネットワークで
「作家・雨宮処凛と考える 就職氷河期世代のうつ」という
番組を観ました。

ゲストは雨宮処凛(あまみや かりん)さん。
雨宮処凛さんのプロフィールについては
雨宮処凛公式ホームページ
http://www3.tokai.or.jp/amamiya/

就職氷河期世代とは、1993年から2004年に就職する新卒の
人たちのことです。
この年代の人たちは、1991年のバブル崩壊以降景気が悪くなり
就職が困難な時期である。
また、第二次ベビーブーム(団塊ジュニア)世代が大学を卒業し、
就職する時期でもあった。
有効求人倍率が1999年には0.5倍を下回った。
現在の有効求人倍率約2.0倍からは考えると酷い時期である。
就職氷河期に就職出来なかった人たちはフリーターやニートと
なっている。


就職氷河期の中で就職した人たちは、長時間労働などは当たり前
の劣悪な労働環境で仕事をしている。
その挙げ句、うつになり休職になった人たちが大勢いる。
うつ病になった人たちが、どのくらいいるのか調べましたが見あたりません
でした。
ご存知の方がいれば教えて欲しいと思います。

何故、うつ病になるまで働いたのか?
就職氷河期世代の人たちは一度、離職すると再度就職するのが難し
いので労働環境が劣悪でも、しがみついていた。
その結果、限界が来てうつ病になったという訳である。

では、うつ病になった人たちは、どうなっているのか?
休業補償がある会社に勤めていた人は、ある程度
生活が成り立つようになっていたけど休業補償が無い人は
うつ病を治りかけの状態で働き、うつ病を再発している。
うつ病が再発して働けなくなった人たちは、二度と就職が
出来なくなりニートやフリーターになった人たちもいる。
ニートやフリーターになった人たちは生活出来なくなると
ホームレスになると言う。

ゲストの雨宮処凛さんは企業が人材を使い捨てしているのを
指摘されていた。
番組に出ていた精神科医はうつ病になった人の情報を企業と
共有し注意事項などを言えるやりとりが必要と指摘されていたし
放送大学教授は、就職氷河期世代は働き盛りの世代であり、
療養出来る環境をセーフティネットとして国が作るのを指摘され
ていた。

現在の日本は一生懸命働いて、うつ病になった人たちに優しく
ない社会であると考えます。






UNDER THE SUN

UNDER THE SUN
 Use OpenOffice.org

護憲派アマゾネス軍団

閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

eye sees truth

Author:eye sees truth
eye sees truthと言います。
Out Door Sportsが趣味です。
福祉関係の話題を中心にしています。
『日本の福祉を赤信号から青信号へ』を合言葉に!
みんなで気楽に落ち着いて日本の福祉を話たいと思います。
福祉(社会保障)の交流ブログです。
コメント・トラックバックは歓迎です

当ブログの姿勢
○憲法9条堅持 ○集団的自衛権の行使反対 ○憲法25条の完全実行 ○セーフティーネットの完全実施
QRコード
QRコード
FC2ランキングに参加してます

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
カテゴリ
最近のコメント
最新トラックバック
訪問してくれた人の数
本田ゆみさんを応援しよう
本田ゆみ 本田ゆみさんを応援したい方は、 http://park3.wakwak.com/~sdp.hokkaido/hondayumi.html
RSS
友達になってくれた人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TB
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TBリンク
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TBに参加しよう!
郵政民営化凍結TB
医療崩壊TB
SEO
フリーエリア
フリーエリア
位置情報
ブログ内検索