FC2ブログ

福祉と憲法9条

福祉と憲法9条について考えてみたいと思います。

一見、福祉と憲法9条は関係が無いように見えますが、そうではないように思います。

太平洋戦争当時、一億総玉砕などと叫ばれ勝利を優先する社会では、個人の尊厳、まして障害者の生命など何の価値もないと考えられ、戦争中の障害者の生活を記録した書物の中で、夫婦で障害を持って厳しい時代を生き抜いてきた桜田雍子さんは、当時を振り返って「厄介者とさげすなれ、人の顔色を伺い、日陰者のように人の目をおそれて暮らしてきたあの年月」そして手記の中で、何かにつけ「非国民」呼ばわりされ、食料や薪も配給されず、心身ともに本当に辛い思いをしたと語っています。
しかし
苦しい事も多かったが、そんな時代を支えてくれた人々への感謝も言い尽くせないほどだと語っています。
そして、この時代、兵士として闘う事を求められた男性は、戦争の傷跡にも女性とは違いがあります。
成人男性には、かなり障害が重い場合でも徴兵検査が課せられていました。

毎日新聞社取材班『福祉を食うー虐待される障害者たちー』毎日新聞社.1998年には、
「軍国主義社会とは、障害者がつまはじきされる社会である。最も能率的かつ合理的に物事を運ぶには、障害者は邪魔者である。太平洋戦争で、一番被害を受けたのは、障害者だった。しかし、少なくとも障害者は太平洋戦争を起こしてはいない。どうしてもこれだけは申しあげたかった。」と書いてある。
まさに
戦争は最大の人権侵害なのです。

平和であることが、お年寄りや障害を抱えた人、そして子供などの弱い人たちの人権を守ることであり、個人の尊厳を守ることだと思います。

この様に、福祉を考えるとき、
改めて戦争反対を声を大にして叫び、憲法9条を守りたいという考えに到るのだと思います。


平和であるが故に、
障害を抱えた人も健康な人と同じように活躍の場があります。

私は聴覚障害のある岡田絵里香さんを応援していますが、障害を抱えていながらも頑張っている姿に、勇気づけられる人がいるのではないかと思います。



スポンサーサイト



重度心身障害者の医療費助成 根室市が3年間支給せず



2008年4月5日(土)07:57

 【根室】根室市は四日、二〇〇五年度から三年間、重度心身障害者の高額な医療費に対する助成金八十四人分計百四十二万八千円を支給していなかったと発表した。

 同市によると、助成は〇四年十月から始まったが、担当した男性職員が〇五年四月分から〇八年一月分まで、処理を怠っていた。一日付でこの職員が異動になり、引き継ぎの際に申告して発覚した。

 重度心身障害者で市民税を納めている人の医療費が月額、通院で一万二千円、入院と通院で四万四千円を超えると、市が超過分を計算して通告。対象者が申請すると、超過分の払い戻しを受けることができる。

 しかし、市によると、男性職員は度重なる制度改正で仕事量が増え、後回しにしているうちに、気づいたときにはたまってしまったという。

 市は早急に該当者を訪問、謝罪し、未支給分の支払い手続きを進める。既に死亡した九人は、家族に助成金を支給する。

 長谷川俊輔市長は記者会見し「不適切な処理で大変申し訳ない。再発防止に努め、職員に対しても厳正な処罰を考えたい」と陳謝した。


言葉にできない 障害者編

 YOU TUBEで『言葉にできない障害者編』というのを偶然見つけましたので、息抜きに観て下さい。
 上手く表現しているなぁと。関心しました。






『福祉』について簡単に整理してみよう。

『村野瀬玲奈の秘書課広報室』で
「分かち合いの精神が必要だ」と言う記事があります。
その中で興味を惹くコメントがありました。
以下そのコメントです。

相田みつをさんの作品より
うばい合えば足らぬ
わけ合えばあまる
うばい合えば憎しみ
わけ合えば安らぎ

書家 相田みつおさんの作品より
2008/01/10(木) 22:57:08 | URL | 閉口 #- [ 編集]



『日本の福祉制度と北欧の福祉制度』へのトラックバックをお願いします。

右サイドにトラックバックのこれがあります。→トラックバックPEOPLEタグ



このコメントから
『福祉』について少し簡単に整理して見たいと思います。

「社会福祉」とは何か?
社会福祉と福祉を同じと捉えていないだろうか?
また、
幸せになるとか、生活が豊かになる事、困った人に何かをしてあげる事と
考えている人もいると思います。
「社会福祉」と「社会保障」を同じ意味に使う人もいれば分けて使う人も
いると思います。

まず、
「福祉」の言葉の意味は?
〔「し」は「祉(ち)」の慣用音。「祉」は幸福の意〕幸福。
特に、社会の構成員に等しくもたらされるべき幸福。
三省堂「大辞林 第二版」より
したがって、
「福祉」とは「幸福」という事が言えると思います。
英語で言えばWell Fareです。
これは快適な生活状態とか満たされた生活状態の事です。

歴史的には、「福祉」は生活困窮な人や自立生活困難な人に行われてきましたし
農村共同体の相互扶助制度として行われた場合、仏教やキリスト教などの宗教心
に基づくもの、封建時代には、支配階級が庶民への慈善、慈恵として行うケースも
ありました。

このような中で、「社会福祉」は「福祉」という生活を豊かにし幸せになるという抽象的
な意味や一般的な意味合いで使用するのとは、やはり異なります。
「社会福祉」という用語の持つ意味は「福祉」と同じではありません。

「社会福祉」の捉え方は法制度的意味からの側面と歴史や社会的存在としての側面
から捉える必要があると思います。

では、
法制度としての社会福祉は、どうなのか?
「社会福祉」という用語が法律上出てくるのは、憲法第25条の規定です。
同条第1項で「すべての国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」で
あり、保障のあり方として第2項で「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障
及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」としています。

これにより「社会福祉」が法制度、法概念として明確化されたことになります。国はこの憲法に基づき社会福祉関係法を制定し行政機関、社会福祉サービスを整備してきました。

憲法第25条で述べられてる「社会福祉」と「社会保障」の違い何か?
一つの考え方として、内閣総理大臣の諮問機関である社会保障制度審議会が1950(昭和25)年にまとめた「社会保障制度に関する勧告」があります。
ここでは、その内容を省きます。
これから、社会保障とは、社会保険、国家扶助(公的扶助)、社会福祉、公衆衛生、医療を含んだものととらえられ、ここから考えると、社会福祉は社会保障の中に含まれる構成要件の一つであり、社会福祉は、援護が必要な人に直接的に働きかけ、指導育成を行うことと言えます。
こう考えると、経済的な援助である生活保護は社会福祉でなく国家扶助(公的扶助)の中に入り、国家扶助(公的扶助)と社会福祉は別ものであると言えます。
日本においては生活保護を受給した際に金銭給付による所得保障とともに、福祉事務所の職員による対人援助(ソーシャルワーク)が行われている点が諸外国と異なっています。
このことが、社会福祉実践=対人援助=貧困者援助の誤解を招いています。






UNDER THE SUN

UNDER THE SUN
 Use OpenOffice.org

護憲派アマゾネス軍団

閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

eye sees truth

Author:eye sees truth
eye sees truthと言います。
Out Door Sportsが趣味です。
福祉関係の話題を中心にしています。
『日本の福祉を赤信号から青信号へ』を合言葉に!
みんなで気楽に落ち着いて日本の福祉を話たいと思います。
福祉(社会保障)の交流ブログです。
コメント・トラックバックは歓迎です

当ブログの姿勢
○憲法9条堅持 ○集団的自衛権の行使反対 ○憲法25条の完全実行 ○セーフティーネットの完全実施
QRコード
QRコード
FC2ランキングに参加してます

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
カテゴリ
最近のコメント
最新トラックバック
訪問してくれた人の数
本田ゆみさんを応援しよう
本田ゆみ 本田ゆみさんを応援したい方は、 http://park3.wakwak.com/~sdp.hokkaido/hondayumi.html
RSS
友達になってくれた人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TB
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TBリンク
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TBに参加しよう!
郵政民営化凍結TB
医療崩壊TB
SEO
フリーエリア
フリーエリア
位置情報
ブログ内検索