FC2ブログ

障害を抱えて一生懸命に生きている人たちに冷たい日本社会

政府が打ち出す政策は有効か?

障害者の壁除去へ新要綱 バリアフリー閣僚会議
2008年3月28日(金)08:46

 政府は28日、障害者が社会生活を送る上での障壁を除去するバリアフリー関係閣僚会議で、障害の有無を問わず使いやすく設計された施設や商品、サービスの普及を目指す新たなバリアフリー・ユニバーサルデザイン推進要綱をまとめた。啓発・教育活動を推進する「心のバリアフリー」を強調。防災、防犯対策も打ち出した。障害者雇用を13年度までに64万人とし、字幕放送を17年度までに100%にする。


で、現実には

障害者医療費助成 命切り詰めるしかない 撤回の訴え届かず 28日県議会 見直し案可決の公算
2008年3月27日(木)10:30

 重度障害者の医療費に一定の自己負担を求める県の「医療費助成制度見直し案」は、28日の県議会本会議で採決される。苦しい生活を送る重度障害者は複数の医療機関を受診することが多く、医療費の負担増は「死活問題」。支援者とともに見直し案の撤回を求めてきたが、議会では無修正のまま可決される公算が大きい。

 障害者らが県庁前で最初の座り込みをしたのは今月5日。約50人で「このままでは命そのものを切り詰めなければならなくなる」と訴えた。12日は約150人が県庁一周のデモ行進。18日には約20人が知事秘書室前に詰め掛け、麻生渡知事に直接抗議文を手渡したいと求めた。

 「当事者から一度も意見を聞いていない。障害者をないがしろにするのか」。県社会保障推進協議会の北園敏光事務局長(55)は語気を荒らげた。約2時間にわたって押し問答したが県側は応じず、抗議文は職員に預けるしかなかった。

 抗議に参加した福岡市早良区の石松周さん(58)は生まれつき脳性まひで就労は困難。車いすで自宅療養を続けながら、リハビリなど4医療機関に通う。見直し案が可決されれば月2000円程度の負担増。「仕事ができない私たちにとって、医療費負担は『死ね』というのと同じです」

 負担増は障害者の家族も苦しめる。「金銭管理費」「散髪付添費」。同市博多区の八木トミエさん(81)は数々の請求書を見せながら撤回を訴える。長男信彦さん(50)は2歳のころ統合失調症と診断され、現在は柳川市の療養施設に入所する。

 夫(79)と年金暮らし。交通費もかさむため月1回程度しか施設に通えない。「医療のためにお金がかかるのを役人は分かっていない…」。トミエさんは声を震わせた。

 問題は議会でも度々取り上げられたが、麻生知事は「障害者間の格差是正と、限られた予算で持続可能な制度維持のためにも一定の負担をお願いする」と繰り返した。

 制度見直しで県は年間4億8000万円の支出削減を見込む。その効果と重度障害者たちの訴えの重さを、私たちはどう考えればいいのだろうか。 

障害者更生施設の職員告発=利用者への暴力で-大阪府
2008年3月28日(金)15:01

 大阪府は28日、柏原市の知的障害者更生施設「高井田苑」で職員が利用者に暴力を振るっていたとして、同施設の施設長含む職員5人を傷害や暴行などの容疑で府警柏原署に刑事告発したと発表した。

 府は2月15日から3月14日まで同施設と運営する社会法人「武田塾」に対して特別監査を実施した。

 監査結果によると、職員が利用者を押し倒し、大腿(だいたい)骨を骨折させたり、2005年には、パニックを起こした入所者を制止するため、施設長が頭部を平手打ちするなど、「入所者への体罰が組織的、日常的に行われていたことを確認した」とした。 





障害を抱えるひとたちは日本社会で生きることが難しい状況にいます。
最低限の生活が保障されない方や生きることが困難な人たちがいます。
食事、入浴、睡眠、病院に行き医師に診察して貰うなどの普通の人たちが普通に出来ることが出来ない日本社会。


障害を抱える人たちは最低限の生活をするため工夫をして生きています。

障害者授産施設がオリジナル焼酎 南島原市 販売開始で試飲会
2008年3月24日(月)10:12

 南島原市南有馬町の知的障害者通所授産施設「普賢学園南有馬」(池田五十六施設長、20人)が、オリジナル焼酎「おどみゃ島原んもん・といも焼酎」の販売を開始。23日、同市深江町で試飲会があった。同学園は「地域の名産にして、通所者の工賃アップにつなげたい」としている。

 同学園は5年ほど前から、深江町の農家にサツマイモの栽培を委託。これを原料にうどんやまんじゅうを製造販売してきた。さらに付加価値を高めようと、諫早市と熊本県の酒造会社に焼酎の製造を依頼。酒類販売免許を取得して売り出すことになった。

 試飲会には地域住民ら約200人が参加。池田施設長が「必ずヒット商品になるよう努力していきます」とあいさつした。

 焼酎は紫芋とシモン芋の2種類。ともに瓶入り720ミリリットルで、紫芋が1500円、シモン芋が1700円。当面は学園のみで売り、将来はインターネットでの販売を目指す。同学園=0957(85)2300。






スポンサーサイト



与党チーム 障害者自立支援法見直し+自立支援法改正を国に求める+ILO

与党チーム 障害者自立支援法見直し???
自立支援法改正を国に求める???
ILO???

何のことか分からない???
ニュースがありました。

以下「与党チーム 障害者自立支援法見直し」を引用します。
***********************************************
2007年12月5日(水)15:27

障害者自立支援法の見直しを検討している与党プロジェクトチームは
5日、障害者が福祉サービスを利用する際に掛かる原則1割の自己
負担を軽減する措置を「2009年度以降も実質的に継続する」よう求め
る報告案をまとめた。自民、公明両党内の手続きを経て、来週にも
政府に申し入れる。

同法では、1割負担について、もともと所得に応じた負担上限額を設定。
サービスの利用量にかかわらず、それ以上の支払いが生じないように
している。
本来の上限額は、市町村民税の非課税世帯は所得に応じ2万4600円
と1万5000円で、課税世帯は月額3万7200円。 



[時事通信社]
***********************************************
引用終了

この与党プロジェクトチームは良いことをしていると思えるのに
次の様なニュースがある。


以下「自立支援法改正を国に求める」を引用します。
***********************************************
2007年12月8日(土)17:00


(中国新聞)


広島県内の107障害者作業所でつくる「きょうされん県支部」は7日、
障害者自立支援法の見直しを国に働きかけるよう県と広島市に要望書を
提出した。
県庁での要望には障害者や家族たち約50人が参加。藤本風明支部長が、
障害者の自己負担の撤回や小規模作業所への補助金制度の存続などを
盛り込んだ要望書を浜井誠障害者支援室長に手渡した。
要望に先立ち、広島市中区の繁華街など3カ所で署名活動をした。

***********************************************

中国新聞の内容は与党プロジェクトチームとは正反対の内容
障害者自立法の何が問題なのか?ますます分からなくなって
来ました。


上記の記事と日にちが前後して、こんなニュースもありました。

以下引用します。
***********************************************
ILO、障害者雇用で勧告検討 国内法定基準に満たず

2007年12月03日08時49分

一定割合の障害者の雇用を義務づける法定雇用率を日本企業が下回り続
けている状況について、国際労働機関(ILO)が是正勧告を出すかどうかの
検討に入ったことが2日、わかった。
勧告に強制力はないが、日本政府は国際的な批判を受けかねず、対応が
求められそうだ。

ILOは、全国福祉保育労働組合が障害者の雇用促進を求めて行った是正勧告
の申し立てを先月、正式に受理。
労使代表らが加わる審査委員会も設置した。
日本政府や組合が提出する障害者雇用に関する資料をもとに、
勧告について判断する。

ILOの「障害者の職業リハビリテーション及び雇用に関する条約」は、批准国に
障害者の雇用機会の増進に努めるよう求めており、日本は92年に批准した。

しかし、日本の民間企業(従業員56人以上)の07年の障害者雇用率は1.55%で、
76年に障害者雇用が義務化されて以来最高だったが、法定雇用率(1.8%)は
未達成となっている。
同労組は是正勧告を求めた申し立てでこれを批判。
障害者に福祉サービス利用料の原則1割負担を求める障害者自立支援法も条約違反
だと、撤廃を求めている。

日本障害者協議会の藤井克徳常務理事は「国際機関の評価を得て政府に是正を求め
たい」と話す。
厚労省は「今後、政府の見解を審査委員会に提出する。現時点ではコメントできない」と
している。

朝日新聞

***********************************************
引用終了

日本は国際的に見ても障害者の法廷雇用率に満たしていない。
政府は現時点でコメント出来ないと言うのも問題。

障害者自立支援法や就労は、障害者にとっては厳しい状態である
と言えるのではないかと考える。

UNDER THE SUN

UNDER THE SUN
 Use OpenOffice.org

護憲派アマゾネス軍団

閲覧者数
現在の閲覧者数:
プロフィール

eye sees truth

Author:eye sees truth
eye sees truthと言います。
Out Door Sportsが趣味です。
福祉関係の話題を中心にしています。
『日本の福祉を赤信号から青信号へ』を合言葉に!
みんなで気楽に落ち着いて日本の福祉を話たいと思います。
福祉(社会保障)の交流ブログです。
コメント・トラックバックは歓迎です

当ブログの姿勢
○憲法9条堅持 ○集団的自衛権の行使反対 ○憲法25条の完全実行 ○セーフティーネットの完全実施
QRコード
QRコード
FC2ランキングに参加してます

FC2Blog Ranking

ブログランキングに参加してます
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ お茶目オヤジへ
カテゴリ
最近のコメント
最新トラックバック
訪問してくれた人の数
本田ゆみさんを応援しよう
本田ゆみ 本田ゆみさんを応援したい方は、 http://park3.wakwak.com/~sdp.hokkaido/hondayumi.html
RSS
友達になってくれた人
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TB
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TBリンク
日本の福祉制度と北欧の福祉制度TBに参加しよう!
郵政民営化凍結TB
医療崩壊TB
SEO
フリーエリア
フリーエリア
位置情報
ブログ内検索